日本酒の酒蔵吉田屋

日本酒ランキング13位に入賞の手作りの純米酒「萬勝」。雲仙普賢岳の麓で守り継ぐ伝統の酒造り。撥ね木搾りの日本酒の通信販売。






top.pngmenu_spacer.pnghanegi.pngmenu_spacer.pngrekishi.pngmenu_spacer.pnghuuhu.pngmenu_spacer.pngshop.pngmenu_spacer.pngblog.png

shop.gifshop.gif

2013年福岡国税局酒類鑑評会にて
吟醸酒部門、純米酒部門で金賞を受賞いたしました。

撥ね木搾り(はねきしぼり)

sIMG_5826.jpgsIMG_5826.jpg伝統の酒造りは、とても手間のかかる時代遅れの手法です。その中でも私達【吉田屋】が、代々受け継いでいる「撥ね木搾り(はねぎしぼり)」は非常に繊細な酒造りで、日本国内でも「撥ね木搾り」を行うことができる酒蔵はわずかしか残っていません。
>>>詳しく見る

吉田屋の伝統と歴史

s2.jpgs2.jpg大正6年(1917年)創業の吉田屋は、今年で90歳ということになります。ロシア革命(ロシアかくめい)が起こった年でもあります。そんな時代背景の中で生まれた【吉田屋】は、私達で4代目となります。
>>>詳しく見る

夫婦で挑む酒造り

sIMG_5857.jpgsIMG_5857.jpg吉田屋の4代目として、【吉田屋】の酒造りを伝承した私達夫婦は、ここ長崎県の島原半島で日々酒造りに挑んでいます。代々受け継がれる老舗としての看板と伝統を守り継ぐことはとても決心のいることでした・・・・。
>>>詳しく見る

商品一覧(通信販売)

p_06.jpgp_06.jpgお陰様で全国日本酒ランキングで13位に入賞!吉田屋が作り出す、自慢の「手作りの日本酒」を通信販売いたします。1人でも多くの日本酒ファンの方に、そしてまだ美味しい日本酒に出会っていないかたにぜひ私達がつくる本物の味を知って頂きたいのです。雲仙普賢岳の天然水仕込みの日本酒をぜひお取り寄せ下さい。
>>>詳しく見る

日本酒について・・・蔵元のひとりごと

01.jpg01.jpg吉田屋の蔵元が語る「日本酒」のお話。「日本酒」の歴史背景や現状、そしてこれからの「日本酒」のことなどを少しだけですがお話しています。どうぞお酒を飲みながらでもご覧下さい。
>>>>詳しく見る


LinkIcon蔵元FACEBOOKはこちら。

たくさんのお便りありがとうございます!
news.pngnews.png

nagasakiburabura.jpgnagasakiburabura.jpgKBCラジオ「おすぎとコージの長崎ぶらぶら」に出演させていただきました。(WMAファイルでお聞きください)

machiokoshi.gifmachiokoshi.gif

p_04.jpg
p_01.jpg
p_05.jpg
p_02.jpg
p_03.jpg
p_06.jpg

■店休日
火曜・祝祭日、年末・年始
■営業時間
午前9:00~午後6:00
■通信販売受付
随時受付
■お問い合わせ
yoshidaya@bansho.info
電話 0957-82-2032
FAX 0957-82-3084

b_tuhan.gifb_tuhan.gif