おかげさまで福岡国税局の酒類鑑評会にて金賞受賞致しました。
 

 

私達【吉田屋】では、伝統の技術【撥ね木搾り(はねきしぼり)】の技法を受け継いでいるため、季節にあわせて毎年1月より酒造りに入ります。その年によって米の出来も違いますから、温度・湿度にも気を使いながら仕上げていきます。

 

 

 

吉田屋の4代目として、【吉田屋】の酒造りを伝承した私達夫婦は、ここ長崎県の島原半島で日々酒造りに挑んでいます。達の酒蔵は決して大規模なものではありません。全てが手作りのお酒です。

 

 

 

一般的に、お酒造りに広く使用されている酵母は、酒のもろみから分離されてきました。東京農業大学短期大学部醸造学科酒類学研究室は優良酵母を分離することに成功しました。吉田屋では、花からの贈り物というべき天然の酵母「花酵母」を使った日本酒を醸造しています。