日本酒コンテストで13位にランキングされた手作りの純米酒「萬勝」。雲仙普賢岳の麓で守り継ぐ伝統の酒造り。撥ね木搾りの日本酒の通信販売。
伝統の技術「撥ね木搾り」、守り継ぐ伝統の酒造り。合資会社 吉田屋 吉田屋ホームページ TOPページへ 撥ね木搾り吉田屋の伝統と歴史夫婦で挑む酒造り商品一覧(通信販売) 酒蔵嫁日記(ブログ)
蔵元、吉田 嘉明の横顔

 お酒造りをしている時の夫の表情は、真剣そのもの。「やっぱり職人さんだな〜」って感じるのです。ひと搾りごとに思いを込めて撥ね木のバランスを見ながら丹念に丹念に仕事をしています。

でも、蔵を出てしまうと子供たちに優しいお父さんの表情に戻ります。昔から音楽が好きで、憂歌団というブルースバンドのレコードやCDを聞きながら鼻歌です・・・。

そして、夫がもうひとつ好きなモノがバイク。古いオートバイ(1924年製のトライアンフ)が自慢のコレクションのひとつです。なんでも、このオートバイは、大正13年に夫のお爺さまが約1,500円で購入しその後、お爺さま、お父様、そして叔父様と乗り継いで現在に至っているそうです。


1924年製のトライアンフ

 夫が普段から乗っているオートバイは右の写真のノートンES−2です。このバイクは、大体1934年頃イギリスで造られたものらしく排気量は500cc、単気筒でなかなか良い音がします。

私にはさっぱりわかりませんが、夫はそう言っていますので言われたとうりにご紹介しま〜す(笑)

 休日に、このバイクでのんびりと雲仙まで走るのが楽しみなのですが、最近なかなか乗る機会に恵まれないようですね。たまにはゆっくり走ってきてください。

休日にはこのオートバイの部品を分解したり組み立てたりしているようです。こういうことの楽しさって女の私にはさっぱりわかりません。

でも、そうやってお酒造りのストレスや疲れを癒すんでしょうね。ニコニコしながら機械を触っている姿を見ると本当に子供みたいですよ。


家族揃って「開運!なんでも鑑定団」に出演!!

 さて、この夫が乗っているバイクですが、なーんと!!テレビにまで出てしまいました。テレビ東京の「開運!なんでも鑑定団」です!!家族揃って東京まで行きました〜!

さーてその鑑定結果やいかに!?

「吉田家の家宝です・・・」と緊張の顔で出演中の夫です。

蔵の中や撥ね木搾りのことなども紹介していただきました。

曾お爺さま、お爺さま、お父様と受け継がれてきた吉田屋のご紹介もしっかりしていただき、日本全国に吉田屋のことを知っていただくことができました。

お爺さまやお父様の若かりしころの写真もご紹介いただきました。お父様も若いですね〜!

そして、5代目の予定の我が家の長男です。夫はこのオートバイも一緒に長男に継がせたいそうです。

さてさて、早速テレビスタジオにて大公開!スタジオの皆さんがが「おおおお〜」っって興奮しているようです。

私には古くて錆びたオートバイにしか見えないところが悲しい・・・。見る人が見れば価値のあるお宝なのでしょうね。

はいっ!出ました!

「鑑定品目、トライアンフのオートバイ」です。

前輪のところには、我が「吉田屋酒造場」の名前も入ってます。

島田伸助さんもオートバイ好きだとか・・・。夫と色んなお話をしています。

「たまに乗ってるんですか」
「はい。乗りますよ」
「ブレーキとかあんまり効かないんじゃないですか」
「ははは、全然効きませんよ」

会場爆笑!!・・・って危ないじゃないですかぁ!!

凄い!!こんなんにアップでうちの名前が出てます。

あなたっっ!こんなにアップで出てますよ。良かったわね〜!

 

家族全員でテレビに映ってます!

ああああっっ!なんということでしょう、私の顔が字幕で隠れてしまっています。折角のおめかしが・・・・。

 

このトライアンフは1886年にジークフリード・ベッドマンさんによって創業されたそうです。古い歴史があるんですね。

 

1915年に作られたタイプHらしいですね。

 

軍や警察でも使われたそうで、「信頼のトライアンフ」と呼ばれていたそうですよ。

スティーブマックイーンが映画「大脱走」で乗っていたバイクがありますよね、あの鉄条網を乗り越えるシーン!あれもトライアンフらしいです。

凄いじゃないですか〜!

 

はいっ!

ここで我が家のオートバイの登場です。

 

なんだか今のオートバイとはずいぶん違う構造してるみたいですね。

 

タイヤはずいぶんすり切れてるって言ってましたよ。

 

我が家の掃除機のほうが複雑な構造してるような気がするくらい単純そうな形ですね。このギザギザのところがエンジンかしら?

 

この角度から見たら自転車みたいですね。

 

ちゃんとスピードメーターも付いてるんですね。

 

さて!それでは鑑定やいかに!

 

チャララッチャチャーン、
チャラララァ・・・
チャララッチャチャーン、
チャラララァ・・・

(あのテーマソングを思い浮かべてください・・・・)

金原貞男さんによる鑑定が始まりました。ドキドキです!!エンジンをかけて音を聞きながらの慎重な鑑定です!!

所ジョージさんと伸助さん、そして夫が鑑定予想中。

所ジョージさんは35万円

伸助さんは70万円

夫の評価は50万円

では!

石坂さん、ヨロシク御願いします。

ドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキ・・・・・。

夫が真剣な眼差しで見ています。

おおおおおお!!

凄い!75万円が出ました。

夫も「おおおおっっ」と言ってる表情が溢れています!

お見事!伸助さん、ほぼ正解でした。拍手!拍手!です。

良かったね〜オートバイちゃん。

長年、我が吉田家で大切にされてきてテレビに出て、すばらしい評価をいただきましたよ〜!

エンジンは問題ないそうです。オリジナルパーツを大切に使っているから評価も高いようで、改造されてないのが良いそうです。

車検は通らないそうなので仮ナンバーでたまに動かしてあげるのがいいそうですよ。

金原貞男さん、どうも鑑定ありがとうございました。

というわけで、夫の自慢のオートバイは、遙々東京までやって来たのでありました。

収録の後は、家族揃ってディズニーランドに行きましょうね!!

 



前のページに戻る
合資会社 吉田屋  長崎県南島原市有家町山川785 電話/0957-82-2032 ファックス/0957-82-3084 メール/yoshidaya@bansho.info