お酒造りをしている時の夫の表情は、真剣そのもの。
「やっぱり職人さんだな~」って感じるのです。
ひと搾りごとに思いを込めて
撥ね木のバランスを見ながら丹念に丹念に仕事をしています。

 お酒造りをしている時の夫の表情は、真剣そのもの。「やっぱり職人さんだな~」って感じるのです。ひと搾りごとに思いを込めて撥ね木のバランスを見ながら丹念に丹念に仕事をしています。
でも、蔵を出てしまうと子供たちに優しいお父さんの表情に戻ります。昔から音楽が好きで、憂歌団というブルースバンドのレコードやCDを聞きながら鼻歌です・・・。
そして、夫がもうひとつ好きなモノがバイク。古いオートバイ(1924年製のトライアンフ)が自慢のコレクションのひとつです。なんでも、このオートバイは、大正13年に夫のお爺さまが約1,500円で購入しその後、お爺さま、お父様、そして叔父様と乗り継いで現在に至っているそうです。
 
 夫が普段から乗っているオートバイ写真のノートンES-2です。このバイクは、大体1934年頃イギリスで造られたものらしく排気量は500cc、単気筒でなかなか良い音がします。私にはさっぱりわかりませんが、夫はそう言っていますので言われたとうりにご紹介しま~す(笑)
 休日に、このバイクでのんびりと雲仙まで走るのが楽しみなのですが、最近なかなか乗る機会に恵まれないようですね。たまにはゆっくり走ってきてください。

 

1924年製のトライアンフ

 休日にはこのオートバイの部品を分解したり組み立てたりしているようです。こういうことの楽しさって女の私にはさっぱりわかりません。
でも、そうやってお酒造りのストレスや疲れを癒すんでしょうね。ニコニコしながら機械を触っている姿を見ると本当に子供みたいですよ。
 

家族揃って「開運!なんでも鑑定団」に出演!!

 さて、この夫が乗っているバイクですが、なーんと!!テレビにまで出てしまいました。テレビ東京の「開運!なんでも鑑定団」です!!家族揃って東京まで行きました~!さーてその鑑定結果やいかに!?